お金を借りるときの総量規制について

銀行が銀行法に基づいてお金を貸しているのに対して、消費者金融は貸金業法に基づいてお金を貸しています。ですから消費者金融は貸金業法の中で決められている総量規制を遵守してお金を貸さなければなりません。

 

総量規制というのは、貸金業者は借入申込者の年収の3分の1までの金額しかお金を貸してはいけないというものです。ですから、もし借入残高がすでに年収の3分の1に達しているなら貸金業者から新たな借り入れをすることはできないんですね。この総量規制が実施されたことによって多重債務者の数は以前よりも減っているようです。

 

また、総量規制があるために貸金業者からお金を借りる時には借入金が50万円を超えるか他社からの借入残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書を提出しなければなりません。専業主婦が借り入れをする場合は本人確認書類以外に配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。これは、銀行のカードローンと比べるとちょっとめんどうなところですね。審査に自信があれば提出書類が少ない銀行のカードローンがおすすめです。


お金の借り方は数ありますが、在籍確認なしでお金を借りるの方法というのは限られます。在籍確認があるとお金を借りていることをバレずに借りることもできますし、実はかなり多くの方が在籍確認なしで借りている現状があります。在籍確認なしで借りることはもうすでに当たり前になりつつあります。在籍確認なしで借りたいなら確認してみましょう。

在籍確認なし