カードローンの返済に行き詰った時にはどうしたらいいか?

カードローンはコンビニのATMでも手軽に借りれるので、とても便利で人気があります。ただ、カードローンは借りるのが他のローンに比べると簡単なので、ついつい使いすぎてしまい返済額がどんどん増えてしまうということがあります。万が一返済ができなくなってしまった場合はどうしたらいいでしょうか?

ローンを一本化して利息の負担を軽減する

返済に行き詰まったとしても、毎月の返済額が減ればなんとか返済可能という場合もあると思います。そのような場合には、複数の借り入れ先をおまとめローンで一本化して利息の返済を減らすことができます。たとえば消費者金融2社から年率18.0%で融資を受けた金額を銀行カードローンで一本化すれば、銀行カードローンの最高金利は14.0%程度なので、利息負担を減らすことができます。また、消費者金融1社から融資を受けた場合でも、銀行カードローンで借り換えをすれば、利息負担を軽減できます。ただし、おまとめローンをする前に過払い金が発生していないかの確認が必要です。過払い金の返還請求ができるのに、おまとめローンをしてしまうと、払う必要のない利息を支払うことになってしまいます。

任意整理という選択

おまとめローンや借り換えローンを利用したとしても、返済ができないと思われる場合は、債務整理をすることができます。債務整理には任意整理というのがありますが、に任意整理は普通は弁護士などの専門家に依頼して行います。もし、過払い金が発生していれば過払い金請求ができ、返済額が大幅に減ったり返済がなくなることもあります。さらには、現金が帰ってきて、それを弁護士費用に充てることができる場合もあります。ちなみに任意整理をして返済額が0になれば、信用情報機関に債務整理の登録がされることはありません。ただし、過払い金請求をした消費者金融からはそれ以降融資を受けることはできなくなります。

個人再生をして返済額を減らす

個人再生も債務整理の一つですが、これは裁判所を通して行います。裁判所に認められれば、減額されたカードローン等の債務を原則3年で返済していきます。ただし、住宅ローンは含まれないので住宅ローンがあれば引き続き返済をします。これからも一定の収入が見込める人なら個人再生をして債務額を減らし返済していくことができます。

自己破産で借金を0にする

自己破産も裁判所を通して行う債務整理です。自己破産をすると借金は全くなくなります。ただし、住宅や高価な所有物は手放さなくてはなりません。20万円以下の預金は手元に残すことができます。自己破産をするとカードローンや他のローンのストレスから全く解放されるので生活の再建がしやすくなります。ただし、自己破産をすると政府の新聞である官報に名前が載ります。信用情報機関にも自己破産の登録がされ、5年間登録されます。信用情報機関の一つである全国銀行個人信用情報センターには10年間登録されるのでその間は銀行や大手消費者金融からの融資は受けられません。また、一定期間特定の職業に就けなくなるという制限もあります。

返済に行き詰まった時にしてはいけない事

返済に行き詰った時は、以上のような法的な手段を活用して解決するのがベストです。返済ができなくなったからと言って、別のカードローンで借りてそれを返済に充てるというようなことをしてはいけません。一時的な解決にしかならず借金が増えるだけです。特に、返済に困っているときには無審査で融資してくれるという悪質業者に手を出してしまう可能性も高くなります。無審査で融資するという貸金業者はヤミ金ですから借りないでください。貸金業者はカードローン申し込み者の借入残高が年収の3分の1に達していないかについて必ず審査しなければならないことになっているので、無審査での融資はあり得ません。また、返済ができなくなった時に督促を無視し続けるというのもダメです。強制執行になり給料が差し押さえられることもあります。ですから、返済ができなくなりそうなら、融資をしてくれた消費者金融や銀行にすぐに事情を説明したり、債務整理の手続きをしてふさわしく対処するようにしてください。


お金の借り方は数ありますが、在籍確認なしでお金を借りるの方法というのは限られます。在籍確認があるとお金を借りていることをバレずに借りることもできますし、実はかなり多くの方が在籍確認なしで借りている現状があります。在籍確認なしで借りることはもうすでに当たり前になりつつあります。在籍確認なしで借りたいなら確認してみましょう。

在籍確認なし